ビタミンB1&アリシンの組み合わせで疲労回復(レシピ付)

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

これからの季節、湿気や暑さで疲労を感じやすくなりますよね。私は早くも夏のような天気でバテ気味です…。

みなさんビタミンB1が疲労回復に効果的ということは耳にしたことがあるかもしれません。
ではアリシンという成分がビタミンB1の吸収を高めるのはご存知でしょうか?

 

ここではビタミンB1がなぜ疲労回復に良いのか、そしてアリシンの効果について解説したいと思います。
最後にはオススメレシピ付きです。

 

ビタミンB1が疲労回復に効果がある理由

糖質やタンパク質、脂質はエネルギーの「源」です。エネルギーの源を実際にエネルギーとして利用するにはさまざまな化学反応経路を経る必要があります。

人間がもっとも利用しやすい「エネルギー源」は糖質で、それを「エネルギー」に変える際の反応に必要なのがビタミンB1です。

 

エネルギー源の糖質が豊富にあっても、ビタミンB1が不足すると、糖質をエネルギーに変換することができず、活動時に「エネルギー不足」となってしまいます。

ビタミンB1を不足させないようにし、エネルギー不足状態から回避することで、だるさや疲労感、倦怠感などを感じにくくなります。

 

ビタミンB1は豚肉、魚、卵やウナギに多く含まれています。特に豚肉はビタミンB1が豊富な食品です。

 

ビタミンB1の吸収を高めるアリシン

ネギ、玉ねぎ、にんにくなどに含まれる「アリシン」はビタミンB1と結合することで「アリチアミン」という別の物質になります。

アリチアミンは体内へ吸収されやすく、そして体内で再びビタミンB1に戻ることが知られています。

アリシンとビタミンンB1を一緒に摂ることで、効率的にビタミンB1を吸収することができるんですね!

 

【おすすめレシピ】玉ねぎたっぷり!豚肉の生姜焼き風

f:id:hironosaori:20180710143108j:plain

豚肉のビタミンB1と玉ねぎのアリシンで疲労回復に効果的なレシピです。
焼かずに煮詰めるので、調理油も少なく、夏場でもさっぱりとお召し上がりいただけます。

 

材料(2人分)

  • 豚バラ肉 250g
  • 生姜 1片
  • 玉ねぎ 1/2個

<合わせ調味料>

  • 水 150cc
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1

 

作り方

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切る。生姜をすりおろし、汁ごと豚肉と一緒に合わせる。
  2. フライパンに1と、千切りにした玉ねぎ、合わせ調味料を入れて、蓋をして加熱する。
  3. 豚肉に火が通ったら、蓋を外し、調味液を煮詰めていく。汁気がほとんどなくなったら完成。
時間がある場合、生姜と豚肉を合わせたら1時間以上冷蔵庫に置いておくと、生姜に含まれるプロテアーゼのおかげでお肉がやわらかくなります。

 

まとめ

エネルギー源である糖質だけ摂るのではなく、エネルギーに変えるビタミンB1を不足させないことが疲労回復のポイントです。

さらに、玉ねぎやニンニクに含まれるアリシンも一緒に摂ることで、ビタミンB1の吸収アップ。これからのバテやすい季節にぜひお役立てください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました