旨味とコクたっぷり!牛肉とゴボウの炊き込みごはん(レシピ)

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

毎日の献立を考えるのって結構大変ですよね。つい似たような炒め物や煮物になってしまい、食べ飽きてしまうことも。

今日の食事、どうしよう?と思った時、ちょっと手の込んだ『ごはんもの』はいかがでしょうか。

 

『炊き込みごはん』や『混ぜごはん』など、いつもの白ごはんから食べ応えのある一品に変わると、メインおかずや副菜が簡単なものであっても満足感が得られますよ

 

今回は牛肉を使った贅沢感のある炊き込みごはんのレシピを紹介したいと思います。
ただ、作り方は至って簡単!もちろん炊飯器で作ります。

他のおかずと合わせても濃すぎない味に仕上げていますが、さっぱり系のお浸しや、やさしい味の卵焼きなどは相性がよくおすすめです。

 

マンネリしがちな「簡単おかず」と相性の良い「満足炊き込みごはん」。組み合わせて日々の献立に取り入れてみませんか?

 

【レシピ】旨味とコクたっぷり!牛肉とゴボウの炊き込みごはん

f:id:hironosaori:20190131155508j:plain

材料(2人分)

  • 米 1合
  • 牛こま肉 80g
  • ゴボウ 15cm
  • にんじん 2cm
  • サラダ油 少々

<調味液>

  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1/2
  • 和風顆粒だし 小さじ1/2

 

作り方

1

通常の炊飯通り、お米を研ぎ、水で何度かすすぎます。

f:id:hironosaori:20190131155522j:plain

 

2

<調味液>の材料をボウルに入れ、全て混ぜ合わせておきます。

f:id:hironosaori:20190131155536j:plain

 

3

ゴボウは包丁の背で皮をこそげ、小さめのささがきにし、水に浸しておきます。

f:id:hironosaori:20190131155553j:plain

 

にんじんは薄い短冊切りに。

f:id:hironosaori:20190131155606j:plain

 

牛肉は1.5cm幅に切ります。

f:id:hironosaori:20190131155618j:plain

 

4

フライパンにサラダ油少々を入れて熱し、色が変わるまで牛肉を炒めます。

f:id:hironosaori:20190131155631j:plain

 

ゴボウを追加し、

f:id:hironosaori:20190131155641j:plain

 

さらにニンジンを追加し、さっと炒めます。

f:id:hironosaori:20190131155653j:plain

 

4

合わせた調味液を加え、30秒~1分ほど煮ます。

f:id:hironosaori:20190131155708j:plain

 

5

火を止め、具材と汁を分けます。

f:id:hironosaori:20190131155722j:plain

 

6

炊飯窯に5の液体のみ入れ、

f:id:hironosaori:20190131155741j:plain

 

その後、規定量まで水を加えます。

f:id:hironosaori:20190131155802j:plain

 

7

残りの具材をのせ、

f:id:hironosaori:20190131155814j:plain

 

通常通り炊飯!

f:id:hironosaori:20190131155825j:plain

 

8

炊き上がり♪

f:id:hironosaori:20190131155836j:plain

 

ふんわりと混ぜ合わせましょう。

f:id:hironosaori:20190131155847j:plain

お肉のコクとゴボウの旨味がごはん全体に染みわたっていますよ~。

とってもジューシ!

 

f:id:hironosaori:20190131155508j:plain

この炊き込みごはんは他のおかずと合わせても濃すぎない味に仕上げていますが、単品でも美味しく食べられます。
おにぎりにしたり、小分けして冷凍保存し、小腹が空いた時に食べたりというのもオススメです。

 

いつもの食卓を豪華にしてくれる炊き込みごはん。ぜひ参考にしてみてください♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました