カマンベールチーズを丸ごと!蒸し野菜のチーズフォンデュ鍋(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

自粛期間中、外食の頻度も減って、「家でも楽しく食事をしたい!」と感じている方は多いのではないでしょうか。
そうはいっても、あまり凝ったものを作るのは大変ですよね。

そこでちょっと特別感があって、なおかつ準備の手間がかからず簡単なレシピを紹介します。
チーズフォンデュを鍋料理にした、アレンジレシピです♪

「チーズフォンデュって手間じゃないの?」「チーズフォンデュ専用鍋なんかもっていない…」そう思った方、ご安心ください!

一般的にチーズフォンデュは、専用のチーズソースやフォンデュ鍋を使いますが、今回は市販のカマンベールチーズを丸ごと使って代用します。

カマンベールチーズは表面の皮がしっかりしているので、大きな鍋でグツグツと煮ても大丈夫
それに、野菜やウインナーも一緒に蒸し煮にすれば、手間も時間もかかりません。

子供も大人もワイワイ楽しめて、間違いのない美味しさ。好きな食材を入れられるのも嬉しいポイント。

それでは、カマンベールチーズを丸ごと使った、チーズフォンデュ鍋のレシピをご紹介します。

【レシピ】蒸し野菜のカマンベーチーズフォンデュ鍋

材料(2人分)

  • カマンベールチーズ 1個(100g)
  • 好みの野菜やいも類、ウインナーなど 適量
  • 水 150mL
  • コンソメ 小さじ1

作り方

1

野菜やウインナーなどは、食べやすい(フォンデュしやすい)大きさに切ります。
火の通りが遅い根菜類は、小さめの一口大や、薄めの半月切りにするのがおすすめです。

2

カマンベールチーズは、片面に包丁で丸く切込みを入れてから、表面を削ぎながら剥がします。

3

鍋の中央にカマンベールチーズをのせ、周りに野菜やウインナーを入れます。
※トマトやパプリカなど、あまり火を通す必要のない食材については、ここでは入れずに最後に加えるのがおすすめ。

水とコンソメを混ぜ合わせて、野菜にかかるように注ぎ入れます。

蓋をして、食材に火が通るまで蒸し煮にします。
その間にカマンベールチーズも中までグツグツ温まって、とろとろになります。

最後に、トマトなど火の通りの早いものを入れ、ひと煮立ちさせたら完成です。

とろ~り溶けたカマンベールチーズにフォンデュしていただきます♪

カマンベールチーズは周りの皮がしっかり硬いので、このように水を入れた鍋でぐつぐつ煮ても、崩れずに中までしっかり熱が伝わります

一般的なチーズフォンデュソースよりもやさしい味で、でもしっかりコクがあって美味しい。健康志向の高い方にもおすすめです。

さらに、煮汁には野菜の甘味がたくさん溶け出しているので、最後は絶品スープも楽しめます。

家で手軽にできる、カマンベールチーズフォンデュ鍋のレシピをご紹介しました。

気になった方はぜひお試しください!