うるおいアップ♪ 春菊とりんごのサラダ(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

春菊といえば、冬野菜の定番ですね。鍋や煮物、お浸しなど加熱するイメージの強い春菊ですが、生のサラダとして食べるのもおすすめです。

毎年この時期には様々な「春菊サラダ」を紹介している私ですが、今回は、同じ冬食材のりんごを組み合わせ、体のうるおいアップが期待できる一品に仕上げました。

春菊のような緑黄色野菜は、体内でビタミンAに変換されるβカロテンが豊富に含まれています。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持に関わり、冬の乾燥肌を防ぐために意識したい栄養素です。

また、りんごに豊富なビタミンCは、お肌のコラーゲンを生成するのに必要で、メラニン生成抑制・美白などにも関わる栄養素ですよ。

それではレシピを紹介します。

【レシピ】春菊とりんごのサラダ

材料(2人分)

  • 春菊 1/2束(80g)
  • りんご 1/4個
  • 鶏ささみ 2本
  • くるみ 10粒程度

<A>

  • オリーブオイル、醤油 各大さじ1+1/2
  • 酢 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4

作り方

耐熱皿にささみをのせ、水大さじ1(分量外)をかけてラップをし、レンジ(600W)で3分ほど加熱する。粗熱が取れたら手で身を裂く。

くるみはフライパンで香ばしくなるまで乾煎りし、包丁で粗めに砕く。

春菊は根元を落として3~4cmの長さに切る。茎の太い部分は細切りにする。冷水に5分ほどさらし、水気を切る。

リンゴは皮ごと綺麗に洗い、芯を取り、縦半分に切ってから5mmの厚さに切る。

ボウルに<A>を入れて混ぜ、①~④を加えてさっと和える。

器に盛って、完成です♪

スッとした春菊の風味と、甘酸っぱいりんご、オリーブオイルと醤油ベースのドレッシングが調和します。ささみやくるみが入ることで、アクセントもあり、食べ応えのあるサラダです。

春菊を買ったら、ぜひサラダで味わってみてくださいね♪