騙されたと思って試してみて!ピーラー大根のカルボナーラ風(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

冬の旬食材といえば「大根」。
煮物にしたり、大根おろしにしたり、色々な料理に使えます。でも、似たような料理が続いて飽きてしまったり、使い切れず、余ってしまうことも。

そこで、今回は脱マンネリ&大根の使い切りレシピとしておすすめ、「ピーラー大根のカルボナーラ風」のレシピをご紹介したいと思います!

大根をピーラーで麺のようにしてさっと炒め、卵・チーズに絡めて、まるでカルボナーラのような料理です。

「まぁ、大根だし、あまり美味しくないかも…?」「一皿食べきるの大変かな…?」と、正直、私もレシピを考えながら最初はそう思っていたのですが(笑)

旨味を引き出してくれる、しめじとベーコンを具材に入れることで、大根料理とは思えないほど深みが出て、とても美味しくなりました!
大根のしゃきしゃき食感が癖になり、あっという間に食べ切ってしまいますよ。

それに、パスタに比べてカロリーは大幅カット。全部食べても250kcalほどしかありません。
低糖質・低カロリーながらも、食べ応えはしっかりあります。ダイエットメニューとしてもおすすめ。

それでは、レシピをご紹介します♪

【レシピ】ピーラー大根のカルボナーラ風

材料(1人分)

  • 大根 150g ※1本の1/3くらいの長さのものを、縦に使います
  • しめじ 1/3袋
  • ベーコン(ロング) 1枚 ※ハーフなら2枚
  • バター 5g
  • 卵 1個
  • 粉チーズ 大さじ1
  • コンソメ 小さじ1/2
  • 粗挽きこしょう 少々

作り方

1

大根は皮を剝き、ピーラーでひらひらのリボン状にします。

ボウルに卵を溶きほぐし、粉チーズ、コンソメを入れて混ぜ合わせておきます。

2

しめじは石づきを取ってほぐし、ベーコンは1cm幅に切ります。フライパンにバターを入れて弱火で熱し、しめじ、ベーコンを炒めます。
この二つが味の決め手となる「旨味」を出してくれるので、じっくり炒めましょう。

続いて、大根を加えます。

最初はかさがあり、ボリューミーですが、1~2分ほど炒めればしんなりして、しめじやベーコンとも馴染みます。

このくらいになったら加熱をやめ、熱いうちに卵ソース(ボウル)の中に入れ、さっくりと和えます。ソースを全体に絡めましょう。

器に盛り、粗挽きこしょうをふって完成です♪

見た目も味も、大根には思えない美味しさです。
大根の他に使用している食材(主にしめじ、ベーコン、粉チーズ、バター)が、料理全体に旨味を与えてくれています。

大根が余っている方や、ダイエットメニューを探している方は、ぜひ一度「ピーラー大根のカルボナーラ風」を試してみてください♪