子供に調理を教えるということ

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

今日もお客様のお宅にお伺いして、たくさん料理してきました!

 

今回はお子様に料理を教えながら(一緒に料理をしながら)、作り置きもするという濃厚3時間プラン。

もちろんお子様には怪我をさせられないですし、初めて訪問するご家庭だったので、あっちこっちに気を配る必要があります。

やっぱり【どこに何があるかわからないキッチン】というのは本当に難しいですね…!

 

f:id:hironosaori:20180411202851j:plain

↑花シュウマイ。
お子様に捏ねて、丸めてもらいました!

 

f:id:hironosaori:20180411203205j:plain

↑タラのピカタ。

粉チーズの風味は、『ほのかにする』程度に仕上げると美味しいです。
子供に大人気の魚料理。

 

f:id:hironosaori:20180411204118j:plain

↑サツマイモとツナのオーブンコロッケ

お子様がサツマイモが好きと聞いていたので、サツマイモを使ってコロッケにしました。

 

事前のヒアリングでは「揚げ物は汚れるから、あまりしたくない」ということだったので、タネに煎りパン粉をまぶしてオーブンで焼くスタイルにしました。
油もカットできるので、とってもヘルシーです。

 

f:id:hironosaori:20180411203500j:plain

↑ブロッコリーとしらすのナムル、アスパラベーコンチーズ巻き、カラフル野菜のオイスター炒め。

 

しらすは小さい子の成長に大切なカルシウムたっぷり!しらすに塩分が多いので、通常よりナムル自体の味は少し薄めに。

アスパラをベーコンで巻くのもお子様にお手伝いをお願いしました。年齢からは想像できない器用さです。もうベーコン巻きは作れる!と自信もつけてもらえました♪

 

f:id:hironosaori:20180411204632j:plain

↑彩野菜のピクルス

冷蔵庫から出してすぐ食べられる冷惣菜って、重宝するのでよく作るんです。
酸味の効いたメニューは日持ちもするので良いですよね。

 

f:id:hironosaori:20180411203929j:plain

↑春のポトフ

春野菜の甘味た~っぷり!野菜もたくさん摂れます。

 

お宅に訪問して、先生のような存在として、小さい子に料理の楽しさを教える。
自分も小さい時にそんな習い事のようなものがあったらやりたかったなー!と思うくらい、とても良い時間です。

 

同時にたくさん作り置きをして、お母様の料理の負担を軽減できるので一石二鳥ですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました