水餃子やワンタンがくっかないようにするには(レシピ付)

こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。

水餃子やワンタンなど茹でて、お湯から引き上げた後、くっついてしまったことはありませんか?くっついたもの同士を剥がそうとして、皮が破けてぐちゃぐちゃ…なんていうことも。

今回は、水餃子やワンタンがくっつく理由と、それを防ぐコツを紹介します。

最後には、スープに入れることの多いワンタンを「おかず風」にアレンジしたレシピも載せました。ワンタンがくっつかないコツも取り入れているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

餃子やワンタンの皮がくっつく原因と解決方法

皮がくっつく原因

皮の特徴餃子の皮は丸くて比較的厚め、一方ワンタンの皮は四角くて薄めですが、どちらも主な原材料は同じで、小麦粉から作られています。小麦粉の主成分はデンプンです。

 

デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て、糊(のり)のような状態になります。このことを、その名の通り「糊化(こか)」といいます。

 

餃子やワンタンを茹でて、引きあげた直後はくっついていないのに、時間が経つとくっついてしまいます。
これは、皮表面をコーティングしていた水が蒸発することで、のり状になったデンプン同士がくっついて固まってしまうからです。

 

皮がくっつくのを防ぐコツ

調味液(タレなど)や、油を使って皮の表面をコーティングすると、デンプン同士がくっつくのを妨ぐことができます。茹で上がったらすぐにこの操作を行ってみてください。

 

ただし…「水分」の多い調味液やタレなどは、時間が経つと、皮が水を吸ってブヨブヨとした食感になってしまいます。すぐに食べない場合は「油」でコーティングするのがおすすめです。
すぐ食べるのであれば、調味ダレをかけて、味付けまで完成させてしまいましょう♪

 

【レシピ】おかずワンタン

f:id:hironosaori:20180524191630j:plain

スープに使うことの多いワンタンをおかず風にアレンジした一品です。

材料(30個分)

  • 豚ひき肉 200g
  • 塩 ひとつまみ
  • 醤油 小さじ2
  • ワンタンの皮 1パック(30枚)
  • 青ねぎ(小口切り) 適量

<A>

  • ごま油 小さじ2
  • 酢 大さじ2
  • 醤油 大さじ1.5
  • 砂糖 小さじ2

 

作り方

  1. <A>は混ぜ合わせておく。
  2. ボウルに豚ひき肉、塩、醤油を入れ、粘り気が出るまでよく混ぜる。
  3. ワンタンの皮の中央に、②の肉ダネを均等にのせる(小さじ1程度)。
  4. 皮の縁に、指で水を付け、頂点を少しずらして三角形に折る。手前側にひだができるように皮をよせる。
  5. たっぷりのお湯で④を茹でる。3分ほど茹でたら取り出し、器に盛る。①をまわしかけ、軽く和える。仕上げに万能ねぎを散らす。

 

④の状態で冷凍しておけば、使いたいときに茹でるだけで出来上がるのでおすすめです。冷凍であれば、多めに作り置き保存しても◎。

また、冷凍の場合は、このようなおかずメニューとして活用するだけでなく、スープの具にするなどの使い方も便利です。

 

ぜひお試しください♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました