脱マンネリ!作り置きやおつまみに「ブリフライ」はいかが?(レシピ付)

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

今年の夏は特に長~く感じましたが、ようやく涼しくなってきましたね!これから冬にかけて、様々な旬食材がやってきます。

比較的一年中手に入りやすい「ブリ」も、旬は11月~2月ごろ。今後ますます美味しくなります。

ブリ料理の定番は、照り焼き、ブリ大根、味噌煮…などなど。手に入りやすいのですが、なんとなくマンネリ化しやすい食材だと思いませんか?

 

そこでおすすめなのが・・・「ブリフライ」です!

下処理不要の切り身を買って、衣をつけて揚げるだけ。シンプルゆえに、ブリ本来の味が堪能できます。先日の出張作り置きのお仕事でも大好評でした。

 

今回は、とっても簡単なブリフライのレシピをご紹介します♪

 

【レシピ】ひとくちブリフライ

f:id:hironosaori:20180917164453j:plain

 

材料(3~4人分)

  • ブリ切り身 4枚
  • 塩 少々
  • 溶き卵 1個分
  • 薄力粉 適量
  • パン粉 1カップ
  • 揚げ油 適量

<味付け、お好みで>

  • ソース
  • 柑橘類(レモン、カボス、ゆずなど)

 

作り方

  1. ブリは骨があれば除き、塩少々を振って15分程置いておく。出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。
  2. ブリを一口大の大きさに切る。表面に薄力粉をまんべんなくまぶし、余計な粉をはたく。
  3. 2のブリを溶き卵をくぐらせ、パン粉をしっかりとまぶす。
  4. 鍋に揚げ油を熱し、170~180℃くらいの中温で2~3分間揚げる。
ポリ袋に粉とブリを入れてシェイクすると綺麗に粉が付き、洗い物も減ります。
加熱する際は、最後に少し火を強めると、からりと仕上がります。

 

一口サイズにすることで、衣のサクッとした感じを味わいやすくしています。食べやすいのでおつまみにも最適。
見た目のボリュームを出したいときには、切り身をまるごと使って衣を付けても良いと思います。

 

普段こってり味のブリ料理に慣れている方は、ブリの美味しさを再発見できるのではないでしょうか。

個人的には、揚げたてに塩をほんの少しだけ振って、柑橘類を絞って食べるのがおすすめ!
ぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました