作り置きおかずにも!紫蘇香るメカジキの和風ピカタ(レシピ)

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

前回の記事では、「日々の食卓に魚料理を取り入れる3つのコツ」についてご紹介しました。

今回は、そちらで解説した3つのコツ、

  1. 処理が不要な切り身や下処理済のものを活用する
  2. 多めに作って作り置き保存する
  3. 別の魚でも応用可能なレシピをレパートリーにする

これらを取り入れたレシピをご紹介したいと思います。今後の参考にしていただければ嬉しいです。

 

【レシピ】紫蘇香るメカジキの和風ピカタ

f:id:hironosaori:20190418152256j:plain

一般的にはお肉を使う洋食「ピカタ」を、お魚×和風料理にアレンジ。切り身を使い、材料も少ないのでとっても簡単。作り置きにもぴったりの一品です。メカジキ以外のお魚を使っても美味しいですよ!

 

材料(2人分)

  • メカジキ(切り身) 3切れ
  • 大葉 5枚
  • 薄力粉 適量
  • 卵 2個
  • 和風顆粒だし 小さじ1/2
  • 塩・こしょう 少々

 

作り方

  1. メカジキは表面の水気を拭き取る。1切れを4等分にし、表面に塩・こしょう少々ふり、表面全体に薄力粉をまぶす。大葉は軸を取り除きみじん切りにする。
  2. ボウルに卵を溶きほぐし、和風顆粒だしとみじん切りにした大葉を加え、混ぜ合わせる。
  3. 2に1のメカジキを加えて卵衣を絡める。
  4. フライパンにサラダ油を入れて熱し、隙間を空けて3を並べる。弱火~中火で2分程焼いたら裏返し、蓋をして4~5分間、中に火が通るまで加熱する。

 

薄力粉をまぶし忘れると、卵液が付きにくいので要注意!

シンプルな衣の味付けが魚本来の味を引き立ててくれます。紫蘇の爽やかな香りがアクセント。

  • 処理が不要な切り身を活用
  • 作り置き可能
  • 別の魚でも応用可能(おすすめはタラ、スズキなど)
    といった3つのコツを取り入れたレシピです。

ぜひ作ってみてください♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました