ゆで卵は早くてエコな「蒸し茹で」が正解!

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

弁当のおかずやサラダのトッピングなど、あると便利なゆで卵。
でも正直「作るの面倒くさい!」と思うことありませんか?

鍋にお湯を沸かして、茹でて・・・結構時間かかりますよね。
そんなときにおすすめしたいのが

蒸し茹で卵」です!

 

方法としては、フライパンや鍋に少量の水と卵を入れて蓋をして加熱します(=蒸し茹で)。
鍋の中で卵は蒸されている状態ですが、蒸し器のような特別なものはいりません。

たっぷりのお湯を沸かす必要がないので、加熱時間は大幅に短縮、ガス代も節約
加熱時間を変えればお好みの固さにもできます。

 

早速、その方法をご紹介したいと思います♪

 

蒸し茹で卵の作り方

1

まず、鍋に卵と少量の水を入れます。少なすぎると水を枯らしてしまうので、卵2~3個であれば水2カップ(400cc)くらいがおすすめです。

f:id:hironosaori:20190519151400j:plain

 

鍋の大きさにもよりますが、深さではこれくらいでOK。

f:id:hironosaori:20190519151418j:plain

 

2

蓋をして火にかけます。水が少ないのですぐに沸騰し始めます。沸騰したら弱火にしてください。(強火で加熱し続けると水が枯れて鍋が焦げてしまうので要注意!)

f:id:hironosaori:20190519151433j:plain

ここから5分~10分程度、好みの固さになるよう加熱します。※後程説明

 

3

通常通り冷水にとり、殻を剥いて完成!とっても手軽で簡単です。

f:id:hironosaori:20190519151447j:plain

 

加熱時間ですが、
沸騰してから5分くらいで加熱をやめると黄身が流れるくらいの半熟、7分くらいで黄身がしっとりした半熟、10分程度加熱すると固ゆで卵になります。

 

▼約7分

f:id:hironosaori:20190519151520j:plain

 

▼約10分

f:id:hironosaori:20190519151533j:plain

お好みでいろいろ試してみてくださいね!

 

卵は良質なたんぱく質を含む食材で、食卓にあると非常に重宝します。

ゆで卵(蒸し茹で卵)はトッピングとして使えるだけでなく、味付け卵や煮卵、サンドイッチの具、タルタルソースなどなど…料理のレパートリーも広がりますよね。

 

私自身、普段ゆで卵を作る時にこの方法を使うようにしてから、調理のハードルが下がり、頻繁に作るようになりました。
ぜひみなさんも蒸し茹で卵を試してみてくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました