夏にさっぱり食べたい!キュウリを使った簡単副菜レシピ3選

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

長かった梅雨が明け、これから夏本番。暑さとの闘いですね!

夏に旬を迎える「キュウリ」は、みずみずしさが特徴で、手軽に水分が補えるので熱中症や夏バテ対策におすすめの食材です。
また、キュウリにはカリウムがたくさん含まれており、むくみ予防や体温を下げる作用も期待できます。

 

 

今回は、そんなキュウリを使ってささっと作れる、簡単な副菜レシピを3つご紹介したいと思います。

 

キュウリとエノキの梅おかか和え

材料(2人分)

  • キュウリ 1/2本
  • エノキ 1/3パック
  • 梅干し(大) 2~3個
  • 麺つゆ(3倍濃縮) 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • 鰹節3g

 

作り方

  1. キュウリは両端を切り落とし、3cm長さの千切りにする。梅干しは種を取り、粗めに叩く。
  2. エノキは根元を切り落とし、2~3等分の長さに切り、熱湯でさっと茹でる。水で冷却し、水気をよく絞る。
  3. ボウルに全ての材料を入れ、さっくりと混ぜ合わせる。

 

エノキの水分をしっかり切ることがポイントです。
一晩冷蔵庫に置いておくと、翌日は味が馴染んでさらに美味しくなります。

 

 

叩きキュウリのピリ辛

材料(2人分)

  • キュウリ 1+1/2本
  • 塩 少々

<合わせ調味料>

  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ1/2
  • すりごま 大さじ1/2

 

作り方

  1. キュウリに塩少々を振り、まな板の上で転がし板ずりをする。めん棒で軽く叩き、食べやすい大きさにちぎる。
  2. ボウルに<合わせ調味料>の材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる。キュウリを加えて和え、適宜塩で味を調える。

 

キュウリだけで一品作りたい!というときにおすすめ。
甘辛い味にゴマの風味がよく合います。
作り置きとしてもgood!冷蔵で2~3日美味しく食べられます。

 

 

キュウリとミニトマトの甘酢和え~ミョウガ風味~

材料(2人分)

  • キュウリ 1/2本
  • ミニトマト 2個
  • ミョウガ 1個

<合わせ調味料>

  • 酢 大さじ1+1/2
  • 砂糖 小さじ2
  • 白だし(市販) 小さじ1

 

作り方

  1. キュウリは薄切り、ミニトマトは8等分に切る。ミョウガは千切りにする。
  2. ボウルに<合わせ調味料>の材料を入れて混ぜ合わせる。
  3. 2.にキュウリとミニトマトを入れて和える。器に盛り、ミョウガをトッピングする。

 

市販の白だしで、さっぱり&旨味のある甘酢が作れます。箸休めとしておすすめのメニュー。
水分が出て味が薄まりやすいので、作り置きは△。

 

熱中症や夏バテ対策におすすめの食材「きゅうり」を使った簡単副菜レシピをご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました