「オクラキング」を調理してみた!焼いても茹でても美味しい

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

スーパーでこんなものを見つけました。

オクラキング! 思わずびっくりする大きさの「オクラ」です。

 

直径は3cmも!ピーマンのようなサイズ感です。

パッケージにはこのように書いてありました。

 

オクラキング

オクラの原種とされる品種で、実が大きく肉厚。通常のオクラと同じように柔らかい食感です。

【お召し上がり方】
・焼いて…中火に熱した鉄板で約2分
・茹でて…沸騰したお湯で約2分

 

焼くのも煮るのも、どちらも美味しそう!
ということで、ガーリックソテーとお味噌汁を作ることにしました。

異なる食感を楽しみたく、ガーリックソテーは縦半分に、お味噌汁は斜め切りに。

 

調理&食べてみた感想は…

焼くとしゃきしゃきとした歯ごたえが特徴的!普通のオクラよりも肉厚な分、とても食べ応えがあります。少し繊維っぽさも残ったので、苦手な方はじっくりよく焼くと良いと思います。

噛むと口の中でオクラならではの粘り気も出てきて、これまで食べたことのない感覚を味わえました。

 

茹で時間によって食感も変化します。2分程度の短時間で加熱をやめると、根菜のようなしゃきしゃきとした歯ごたえが楽しめ、存在感のある具材に。

5分程度しっかり加熱すると、普通のオクラと同じようにやわらかく、粘りやとろみの方が目立つようになりました。
好みで茹で時間を調整しても良さそうです。

 

このオクラキング、普通のオクラと比べて風味はあまり変らないものの、食感がかなり異なるので使い道も色々。
ソテーやお味噌汁以外にも、煮びたし、天ぷら、カレーの具としても合いそうだなと思いました!

おそらく限られたスーパーやお店でしか販売されていないと思いますが、もし見かけた際にはぜひお試しを♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました