「溝のないすり鉢」が食器としても使えて便利!離乳食作りにもおすすめ

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

すり鉢といえば、ゴマやスパイスなどを擦るのに便利な料理道具。擦りたてのゴマは香りが一段と良いですよね!
また、すり鉢・すりこぎは、ジャガイモなどを潰す用途としても使えます。
マッシャーを使うよりもゴロッと感が残り、ほくほくとした仕上がりになるので、料理によって使い分けたいところ。

 

ただ、正直なところ、すり鉢を日常の料理に使うには「あまり手軽でないな」と思っていました。
洗うのも大変だし、なんだか仰々しいし…。
そうしてあまり使わなくなってしまうと、今度は置き場にも困ったり。

 

そんな悩みを解消してくれたのが、今回ご紹介する「溝のないすり鉢」です。
食材を擦るだけの道具から、溝がなくなり、食器としても使えるようになると、便利で手軽なキッチンアイテムになりました。

 

こちらが溝のないすり鉢。かもしか道具店の「すりバチ」という商品です。

溝がないのにちゃんと擦れるの?と思いませでしたか?
私も最初は半信半疑でしたが、本当に擦れました。笑

 

内側を触るとざらりとした土肌で、この質感を利用して擦ります。

 

ゴマを擦ってみます。

ちゃんとすりゴマになります!

 

このすり鉢の最大の特徴は、表面に溝がないため食材が詰まらず、洗うときに楽なところ。
また、そのまま器として使い食卓に出せるのも嬉しいポイントです。洗い物もこれ一つで済みます。

 

すり鉢としては珍しいこの形。安定感が出るので、とても擦りやすいです。

 

このすり鉢でゴマを擦って、そこに茹でた野菜などを加えてお醤油で味付け。

 

そしてそのまま食卓へ出してしまいます。

直径15cmほどで、器としても非常に使いやすいサイズです。だいたい中鉢くらいの大きさ。

 

ジャガイモなどをマッシュするのにも役立っています。
茹でたジャガイモをこのすり鉢に入れて、すりこぎで潰します。

 

そこに他の食材を加え、

 

マヨネーズなどの調味料もこのすり鉢の中で和えてしまいます。

 

そしてそのまま食卓へ!

 

ポテトサラダだけでなく、かぼちゃサラダ、さつまいもサラダ…なども
潰す・和える・盛る(器として使う)全部「溝のないすり鉢」で完結。

 

また最近では息子の離乳食作りにも活躍してもらっています。

すり潰してから水を加えて潰せば、これくらいのペーストになります。

おかゆやお魚などを数食分まとめてすり潰し、小分けしてフリージング。
気軽にささっと使えるので助かっています。

 

一般的なすり鉢からこの溝のないすり鉢に変えてから、使う頻度が増えました。
「すり鉢はあまり使わないけれど、擦り立てのゴマやスパイスを使った料理、ほくほくのポテサラをもっと気軽に楽しみたい」という方にはおすすめしたいアイテムです。

参考になれば嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました