酒税法に注意!果実酒づくりのルールとおすすめレシピ

こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。

梅酒や桃酒など、果実酒(ホームメイドリキュール)を自作して楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。

果実酒を作るにはいくつか注意が必要で、酒税法などのルールを守らなければなりません。

この記事では、果実酒を作る前に知っておきたい注意点と、おすすめレシピをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

手作り果実酒と酒税法について

買ってきたお酒に果実などを漬け込む行為は、新しくお酒を製造していることになり、本来製造免許が必要で、税金も納めなければなりません。

ただ、家で果実酒をつくるのは特例として認められています。それが適用されるためには、次のようなことに気を付ける必要があります。

 

自分で消費するために作る

販売することはもちろん、知り合いにプレゼントしたり、友人とのパーティでふるまうのも禁止です。ただし、一緒に住んでいる家族で楽しむのはOK。

 

アルコール度数は20%以上のお酒を使用する

アルコール度数が20%以上の環境では酵母菌が働かないため、さらなるアルコール発酵は進みません。

アルコール度数20%未満では、酵母菌によって新たにアルコール発酵が始まる可能性があり、「醸造」にあたるので禁止されています。

 

漬け込み禁止の食品がある

以下の食品は漬け込むことができません。

  • ぶどう(やまぶどうを含む)
  • 米、麦、あわ、とうもろこしなどの穀物類

ぶどうの発酵はワインの製造、穀物類の発酵は日本酒やビールの製造に繋がるので禁止されています。

 

おすすめ果実酒レシピ

今回は、夏の時期に特におすすめの果実酒(ホームメイドリキュール)をご紹介します。
漬けたのは、グレープフルーツとキウイ、コーヒー豆。

f:id:hironosaori:20180803185833j:plain

 

お酒(ホワイトリカー)はこちら。


ホワイトリカー 果実酒用 宝酒造

本来氷砂糖を使うと良いのですが、今回は家にある砂糖を使いました。それでも特に大きな問題はありません。

果実は好きな大きさに切り、砂糖と一緒にお酒に漬け込みます。あとは1か月程置いておくだけ♪

 

グレープフルーツリキュール

f:id:hironosaori:20180803185009j:plain

【材料】

  • ホワイトリカー 900ml
  • グレープフルーツ 1個
  • 砂糖 50g

 

キウイリキュール

f:id:hironosaori:20180803185701j:plain

【材料】

  • ホワイトリカー 900ml
  • キウイ 5個
  • 砂糖 100g

 

コーヒーリキュール

f:id:hironosaori:20180803190024j:plain

【材料】

  • ホワイトリカー 900ml
  • コーヒー豆 100g

 

f:id:hironosaori:20180803184027j:plain

 

仕上がりが楽しみです♪

果実だけでなく、違うシリーズもいずれ紹介する予定です。ぜひお楽しみに!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました