毎日でも飽きない、生姜スープのバリエーション・レシピ

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

寒い冬は、体をポカポカにしてくれる料理が食べたくなりますよね。
体を温めるのに特におすすめなのが、生姜を使ったスープや汁物

生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分は、加熱することによって、体を温める作用のある「ショウガオール」という成分に変化します。
ショウガオールは末梢だけでなく、体の芯から温めてくれると言われています。

そのため、生姜を加熱調理して「ショウガオール」を生み出し、さらに物理的にもアツアツな生姜スープは、冷え解消・改善におすすめなんです。

生姜スープを毎日飽きずに取り入れるためには、生姜の切り方にも一工夫を。
すりおろし、千切り、薄切りなど、使い方を変えることで、同じスープに入れても味わいや食感が変化します。


さらに、生姜の香りや味を楽しむために、千切りや薄切りにする際には生姜の皮ごと使うのがおすすめです。(※綺麗に洗ってから使いましょう)
普段、生姜の皮は剥いて使うという方は、ぜひ一度皮ごと料理に使ってみてください。

今回は、手軽に日々の食事に取り入れられる、生姜スープ・汁物のバリエーション、簡単レシピも紹介したいと思います。

生姜スープ・汁物バリエーション

①千切り生姜のみそ汁

いつもの定番味噌汁に、皮付きの千切り生姜をたっぷり入れて作ります。
生姜を皮ごと、そして千切りで使うことで、シャキシャキの歯ごたえと、強い風味が感じられます。

スープのベース(1人分)

  • だし汁(または水) 200ml
  • 味噌 小さじ2
  • 生姜(千切り) 1/2片分

【おすすめ具材】
・白菜、かぶなど、冬野菜
・えのきなど、きのこ類
・豆腐、わかめなど、好みの具材

②塩麹生姜スープ

旨味たっぷりのスープに仕上げてくれる塩麹に、生姜が良いバランスで組み合わさります。
全体として、まろやかでやさしい味わいなので、ほっこりとしたいも類がよく合うスープです。

スープのベース(1人分)

  • 水 200ml
  • 塩麹 大さじ1程度 ※製品によって塩分濃度が異なるため、調整してください
  • 鶏がらスープの素 小さじ1/3
  • 生姜(薄切り) 3~4枚

【おすすめ具材】
・里芋、じゃがいもなど、いも類
・鶏肉、しいたけなど、旨味が強い食材

③生姜カレースープ

洋風カレーベースのスープに生姜を加えれば、スパイシーさが増し、体がポカポカになります。
カレー風味のスープは、野菜も美味しくたっぷり食べられますよ♪

スープのベース(1人分)

  • 水 200ml
  • コンソメ 小さじ1
  • カレー粉 小さじ1/4
  • 生姜(すりおろし) 小さじ1/4

【おすすめ具材】
・トマト、ほうれん草など、緑黄色野菜
・しめじなど、きのこ類
・ベーコン、ハムなど、旨味の出る加工肉類

④黒酢生姜スープ

黒酢と生姜の風味が特徴的な、中華風のスープ。
薬膳料理のように、体の調子を整えてくれる、日々取り入れたい健康スープです。

スープのベース(1人分)

  • 水 200ml
  • 鶏がらスープの素 小さじ2/3
  • 醤油 小さじ1
  • 黒酢 小さじ1
  • 生姜(千切り) 1/2片分

【おすすめ具材】
・ごぼう、にんじんなど、根菜類
・えび、あさり、白身魚など、魚介類
・そら豆、グリンピースなど、豆類

今回は、生姜を使ったスープ・汁物バリエーションをご紹介しました。
生姜の切り方を変えたり、スープの味付けや具材を変えると、毎日でも飽きずに生姜スープを取り入れられますよ♪

「冬が苦手」、「冷え性に悩まされている」、そんな方はぜひ生姜を使ったスープを取り入れてみてください。