カツオの韓国風和えサラダ(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

少しずつ秋が近づいてきましたね。
秋に旬を迎えるカツオ(鰹)は、良質なたんぱく質が豊富で、エネルギー代謝に関わるビタミンB群や、吸収率の高い鉄分も多く含まれています。

お刺身以外にも色々な食べ方ができますが、生カツオをサラダ仕立てにすると、さっぱり感・ヘルシーさを残しながらも、食べ応えのあるおかずになります。

今回はカツオとサニーレタスをメインに、韓国風の甘辛い味でいただく、簡単サラダレシピを紹介します。

【レシピ】カツオの韓国風和えサラダ

コチュジャンやごまの風味を感じる、甘辛い韓国風のタレが、カツオと野菜に絡んで美味しいサラダです。
刺身に飽きたらぜひお試しください。

材料(2人分)

  • カツオ(刺身用) 140g
  • サニーレタス 2枚
  • にんじん 30g
  • 玉ねぎ 1/8個

<A>

  • コチュジャン 大さじ1
  • 酢、白すりごま 各小さじ2
  • 醤油 小さじ1
  • おろしにんにく 小さじ1/2

作り方

玉ねぎは薄切りに、サニーレタスは食べやすい大きさにちぎります。
それぞれ水に5分ほどさらし、水気を切ります。

にんじんは千切り、カツオは一口大のそぎ切りにします。(お刺身用に切れているものを使っても良いです)

ボウルに<A>を混ぜ合わせ、①、②を加えて和えます。3分ほど置き、味をなじませます。
最初はレタスがボリューミーですが、置いている間にほどよくしんなりして、味が絡んで美味しくなります♪

最後に再度ざっと混ぜたら完成です。

このサラダは、タレを和えてから少し時間を置くのがポイントです。

サニーレタスを使うことでより韓国風に仕上がりますが、他のレタス類でも美味しくいただけますよ!

ぜひお試しください♪