簡単「赤ワイン塩」の作り方♪おうちごはんがおしゃれなレストラン風に!

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

そろそろ迎えるクリスマス、年末年始、お正月。豪華な料理が食卓を彩る季節ですね。
ところで、クリスマスやイベント料理で大活躍間違いなしの、「赤ワイン塩」をご存知ですか?

赤ワイン塩は、名前の通り美しい赤ワイン色(紫色)をしたお塩のこと。

おしゃれなレストランではお料理に添えられていることもあり、思わず目を引く存在です。

そんな赤ワイン塩、実は簡単に手作りすることができるんです。

手作り赤ワイン塩があれば、家のお料理がワンランクアップ。とってもおしゃれな雰囲気になりますよ♪
我が家でも、ローストビーフに添えたり、魚介のカルパッチョにかけたりと、特におもてなし料理では大活躍。

赤ワイン塩の作り方はとっても簡単で、赤ワインと塩を煮詰めていくだけ。10分程度あれば出来上がります♪

それでは、赤ワイン塩の作り方を紹介します。

【レシピ】手作り赤ワイン塩

材料

  • 赤ワイン 100ml
  • 塩 50g

赤ワインと塩の比率は2:1であれば、これより少なくても多くても大丈夫です。

作り方

鍋やフライパンに、赤ワインと塩を入れ、かき混ぜながら煮詰めていきます。
アルコールがたくさん蒸発するので、換気をしながら調理をしましょう。

だんだん、水分が飛んでいきます。

7~8分くらいで、だいたいこれくらいの水分量になります。
最後の方は、ごく弱火で炒っていきます。

ほとんど水分が飛んだら、クッキングシートやキッチンペーパーなどの上に広げます。
粗熱を取りながら、仕上げの乾燥をして完成です。

小瓶に入れて、プレゼントしても喜ばれそうですね。

鮮やかな色で、食卓に彩りを添えてくれます。

ホタテや鯛のカルパッチョなど、白っぽい色のお料理にかけると、ワイン色が映えるのでおすすめです!

ぜひクリスマスや年末年始のメニューに取り入れてみてください♪

コメント

コメントする