ホタテとエビのクリームシチュー(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

寒い日は、ぽかぽか体が温まるお料理が食べたくなりますね。

冬の定番「クリームシチュー」は、心も体もほっこり温まり、中に入れる具材をアレンジすれば、飽きずに楽しむことができるので、おすすめの料理です。

市販のルウがなくても、ひと工夫で簡単に美味しく作ることができますよ♪

今回は、ホタテとエビをメインにして魚介の旨味がたっぷり溶け込んだ、手作りクリームシチューをご紹介します。

【レシピ】ホタテとエビのクリームシチュー

材料(2人分)

  • ホタテ(むき身) 6個
  • エビ(ブラックタイガーなど) 6尾
  • ブロッコリー 小房6個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • バター 20g
  • 薄力粉 大さじ3
  • 水 300mL

<A>

  • 牛乳 200mL
  • コンソメ 大さじ1
  • 塩、こしょう 各少々

作り方

えびは背わたを取り、尻尾を残して殻をむく。玉ねぎは薄切りにする。

鍋にバターを入れて熱し、ホタテを両面こんがりと焼き、一度取り出す。(油は残しておく)

鍋を再度熱し、①を入れて炒める。えびの色が変わったら薄力粉を全体にまぶし、粉っぽさがなくなるまで炒める。

水を少しずつ加えながら混ぜ、煮立ったらブロッコリーを加えて蓋をし、弱火で4分ほど煮る。

<A>を加えてとろみがつくまで温めながら混ぜ、ホタテを戻し入れ、ひと煮立ちさせる。

器に盛って完成です♪

お肉を使ったシチューよりも胃もたれしにくく低カロリーなため、夜遅い食事や、ダイエット中の方にもおすすめです。

また、ホタテとエビには、体内時計に作用して睡眠のリズムを整える働きのある「グリシン」、自律神経を安定させ、睡眠のリズムを整える「ビタミンB12」が豊富に含まれています。

さらに、牛乳には、睡眠ホルモンのメラトニンの材料となるトリプトファンが豊富。良質な睡眠を取り入れたい方にもぴったりの一品ですよ。

ぜひ作ってみてください♪