無理をしないでダイエットするコツ

こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。

「痩せたいけど、無理なダイエットは嫌!」そんな方は多いと思います。
無理なダイエットはストレスが溜まり、楽しくもないですよね。そのようなダイエットは継続が難しく、リバウンドもしやすくなります。

今回は、無理をしないでダイエット(減量)していくためのコツについてご紹介します。
これまでダイエットに失敗することが多かった方はぜひ参考にしてみてください。

 

無理をしないダイエットのコツ

減量ペースは1か月1~2kgまで

ダイエットをして間もない時には、モチベーションが高く、早く痩せたい!といきなり体重を落とそうとする方も多いです。
しかし、それではリバウンドしやすく、継続もなかなか大変。

 

減量のペースは、1か月に1~2kgの減少を目安にすると良いでしょう。

このペースで痩せるためには、体重が増減しない食事量から、1日に240~480kcal程度抑えることになります。

これがだいたいどれくらいのカロリーかというと、3食のご飯を、通常(1杯)から2/3~1/2杯に変えるくらいの量です。
また、お菓子やスイーツなどを1回我慢するだけでも達成できますね。

 

一方で「3食ともご飯なし」のように極端に制限してしまうと、無理のあるダイエットになってしまうので注意しましょう。

 

厳密になりすぎない

ダイエット中だからといって誘われた食事を全て断ったり、お菓子をちょっと食べてしまったことに対して落ち込んだりする必要はありません。

楽しみながら、欲を満たしながら、上手くダイエットと付き合うことが大切です。

 

外食であっても選べる範囲で健康的なメニューを選択したり、お菓子を食べてしまったらその後の食事で調整するなど、少し“気楽に”取り組む工夫をしてみましょう。

 

自分を褒めてあげる

間食を我慢した、空腹を乗り越えた、野菜をたくさん食べた・・・など、頑張った自分を褒めてあげましょう。

そうすることでモチベーションも維持しやすく、無理なくダイエットを継続することが可能です。

食事以外のご褒美が用意できれば理想的ですが、ダイエットの妨げにならない程度であれば食事のご褒美も良いでしょう。
褒めること、ご褒美を上手く取り入れてみてください。

 

無理のないダイエットで着実に痩せよう

無理のないダイエットは、いきなり大きな体重変化は期待できませんが、少しずつ着実に減らしていくことができます。
減量ペース(月1~2kg)を守る、厳密になりすぎない、自分を褒める、この3つを意識してみましょう。
これまでダイエットに失敗することが多かった方は、ぜひ「無理ないダイエット」に挑戦してみてください。

 

コメント

コメントする