酸味が決め手のトマトエビチリ(レシピ)

こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。

今回は、家族にも友人にも好評のエビチリレシピを紹介します。

トマトと黒酢の酸味がアクセントで、大人の雰囲気に仕上がります。また、トマトは半分を細かく切ってソースに、半分を大きめに切って具にするのがポイント。

スポンサーリンク

【レシピ】酸味が決め手!トマトエビチリ

材料(2人分)

  • えび(むき身) 200g ※できれば大きめがおすすめ
  • 長ねぎ 15cm
  • トマト 1個
  • 片栗粉 適量
  • ごま油 大さじ3
  • 香菜 適量

<A>

  • にんにく(すりおろし) 小さじ1
  • 生姜(すりおろし) 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ1/2(辛い物が好きな方は小さじ1)

<B>

  • 水 150cc
  • ケチャップ 大さじ3
  • 醤油 小さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 黒酢 小さじ1

作り方

  1. 長ねぎはみじん切りにする。トマトの半分は小さめ(1.5cm角程度)に切り、残りの半分は一口大に切る。
  2. えびは背わたを取り、表面の水分を拭き取り、表面に片栗粉をまぶす。
  3. 半量のごま油をフライパンに入れて中火で熱し、②をさっと炒める。えびの色が変わったら一度取り出す。
  4. フライパンに残りのごま油を入れ、<A>と長ねぎを加え、弱火で3分ほど炒める。
  5. ④に<B>と小さめに切ったトマトを加え、ひと煮立ちしたら③を戻し入れる。ゆっくりかき混ぜながら2~3分間加熱する。最後に大きめに切ったトマトを加え、さっと煮たら火を止める。
  6. 器に盛り、香菜をトッピングする。
えびの表面に片栗粉をまぶして焼くことで、えびから出る旨味や水分を片栗粉が吸って逃さないだけでなく、後でソースにとろみをつける役割も果たしてくれます。ダマになる心配もありません。
えびは縮んで固くなりやすいので、戻し入れてからは、加熱しすぎないよう注意しましょう。

調味料は多めですが、調理の時間は意外と短く、手軽に作ることができます。
ぜひ日々のメニューのレパートリーに入れてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました