鹿肉は低カロリー・高たんぱく質!美味しくてヘルシーな鹿肉の魅力

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

先日、ふるさと納税の返礼品として「鹿肉」をいただきました。
それまで家では日常的に食べることのないお肉でしたが、改めて鹿肉の美味しさと優れた栄養価の面で、その魅力を実感。
それ以降、鹿肉をよく購入するようになり…最近では日々の食卓に並ぶことも多いお肉になりました。

ジビエ料理で知られる鹿肉は、なんとなく獣肉っぽい、クセの強そうなイメージがあるかもしれません。
しかし、野山を駆け回った鹿肉は、脂肪が非常に少ない赤身のお肉なので、クセも強くなくあっさりしています。そして牛肉の赤身にも似た、滋味深い味わいです。
ステーキなんかは、塩胡椒でシンプルに味付けただけでも十分美味しくいただけます。

鹿肉の特徴はなんといっても低カロリーということ。そして、低脂質・高たんぱく質で、ビタミンやミネラルも豊富。ダイエットや健康、美容にも嬉しい食材です。

鹿肉のカロリーは、100gあたり110kcalで、たんぱく質は22.3g含まれています。
ダイエット食材としてよく知られる「鶏むね肉」でも、100gあたり191kcal、たんぱく質は19.5g。比べると、鹿肉の栄養価には驚かされますね。
ちなみに、脂の多い牛肉や豚肉の中には、100gあたり400kcal近く(またはそれ以上)あるものもあります…!

さらに、鹿肉には、ヘム鉄と呼ばれる身体に吸収されやすい鉄分や、エネルギー代謝に関わるビタミンB群も豊富に含まれています。貧血予防、疲労の回復にも効果が期待できる食材です。

ただし、加熱不十分な鹿肉は、E型肝炎ウイルスや腸管出血性大腸菌、寄生虫などによる食中毒のリスクがある[1]と言われています。鹿肉はよく加熱調理して食べましょう。

今回は、ヘルシーで美味しい鹿肉の紹介でした。機会があれば、ぜひ試してみてください!

[1] 厚生労働省|ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう