スルッと感が長続きするフライパン「SURUTTO」の料理考案・撮影をしました

こんにちは、管理栄養士・料理家 ひろのさおりです。

この度、感動のスルッ感が長続きするフライパン「SURUTTO」の販売プロジェクトに協力をさせていただきました。

クラウドファンディングMakuakeにて、11月9日より販売プロジェクトが開始されました。(以下リンクより飛べます)
目標を大幅に達成!非常に多くの方にご支援いただいているようです。おめでとうございます!!

開発者の尾山様より初めてお問合せをいただき、SURUTTOのサンプル品を試用させていただいたところ、まさにスルッと食材が滑るように焼ける特殊なコーティングに、驚きの体験をしました。

それだけでなく、

  • 取っ手が外せる
  • IHが試用できる
  • 「溶射加工」によって底面の焼きムラが少ない
  • そのままオーブン調理もできる
  • 無水料理が得意

といった、このフライパンの多くの魅力を実感!

そこで、SURUTTOの良さがより引き出せる使い方や、SURUTTOだからこそできるお料理を考案し、商品用の写真や動画撮影もご協力をさせていただきました。

このブログをご覧いただいている方にも、そんなSURUTTOの特徴や魅力や、SURUTTOだからこその調理法・どのようなお料理におすすめかなど、詳しくご紹介したいと思います。

SURUTTOの魅力と、おすすめの調理方法

スルッと感が続く、特殊コーティング

フライパンに施された特殊なコーティングによって、食材がこびりつきにくく、「焦げてしまった」「くっついてしまった」などよくある料理の悩みから解放されます。

また、フライパンを買ってすぐは良いものの、すぐにコーティングがダメになってしまうこともありますが、SURUTTOはコーティングが驚くほど長続き(200万回耐摩耗性試験合格)。
毎日料理をする方でも、スルッと感が長く続きます。

おすすめ調理

▼縁にこびりつきやすい、粘度の高いシチューやカレーなど
▼焦げ付きやすい炒め物、焼き物(特に下味漬け込み料理)

肉や魚を下味(調味料)に漬け込んだものは、どうしても焦げ付きやすいですが、SURUTTOはそのような調理でもきれいに美味しく仕上がります。

▼汚れやすいものの連続調理
▼無水調理

無水調理は、その名の通り水を使わない調理法。

素材そのものの水分を活用し、外から水分を加えないため、味が濃く、美味しさがギュッと濃縮されます。
また、無水調理は栄養素が保持されやすく、素材の栄養を無駄なく体に取り入れることができます。

食材がくっつきにくく、焦げる心配の少ないSURUTTOだからこそできる調理法です。

オーブンに使えて、取り外しできる取っ手が便利

SURUTTOはオーブンにも対応。(蓋、取っ手は外して、250℃以下で使用)

フライパンで調理をしたものをそのままオーブンに入れて焼けるので、料理の幅が広がり、さらに、手間や洗い物が減らせるという嬉しいポイントも。

また、SURUTTOの取っ手はオーブン料理の「つかみ」として大活躍!

それだけでなく、側面は汚れが目立ちにくく、食卓に並べてもスタイリッシュなデザイン。できたて料理をそのまま食卓に出すことができます。

おすすめ調理

▼グラタン、ラザニアなど、オーブン料理
▼ケーキ

SURUTTOの20cmポット(深型鍋)は煮物や汁物だけでなく、オーブン料理ではケーキ型のような使い方もおすすめです!

IHが使えて、底面の焼きムラが少ない

SURUTTOはIHに対応していますが、よくあるステンレスの貼り底はありません。
溶射加工という特殊な底面加工技術によって、底に鉄粉が吹き付けられています。

溶射加工のメリットは、

  • 食材に熱が均一に伝わりやすい(→ステンレス貼り底は、その部分に熱が伝わるため、焼きムラがある)
  • 底面が熱変形しにくい(→油や調味液が縁に流れていかない)
  • 軽い

などです。

おすすめ調理

▼ごはん、炊き込みごはん

一人暮らし、単身の方などは特に、卓上IHを使う方も多いですよね。
SURUTTOは、卓上IHとの相性も抜群です。ごはんが手軽に美味しく炊けて、とても便利ですよ。

▼目玉焼き

底面の熱が均一に伝わりやすく、熱変形しにくいため、油や調味料が中央でとどまってくれます。
目玉焼きもきれいに焼けますよ。

軽い

フライパン調理は、炒め物をふったり、片手で持って盛り付けたりするので、「軽さ」も大事ですよね。

SURUTTOは26cmフライパン+専用ハンドル(取っ手)で850gの重さ。
女性も片手で楽に扱うことができます。

おすすめ調理

▼チャーハン、オムライス
▼ギョウザ

嬉しいサイズ展開と2種類のフタ

SURUTTOの本体は、26cmフライパン、20cmフライパン、20cmポット(深型)の3種類です。

これらのセットがあれば、焼く、炒める、煮る、茹でるなど、大抵の料理が作れます。

26cmフライパンは、2~4人前の炒め物や焼き物、パスタなども作れて、20cmフライパンは、オムレツやパンケーキを焼くのにぴったり。

20cmポットは、みそ汁やスープなど汁物、肉じゃがやカレーなどの煮物、4合程度のごはん、揚げ物、ケーキを焼くのにも便利なサイズです。

蓋は20cmと26cm用のガラス蓋が2種類付属しており、追加で蓋だけ買う必要はありません。

いずれも中身が見やすく、蒸気をのがず穴があるため吹きこぼれにくくなっています。
また、蓋のつまみ部分には凹みがあり、菜箸や木べらを置ける作りになっており、何かと便利です。

最後に

今回料理提案や撮影にご協力をさせていただいた、スルッと感が長続きするフライパン「SURUTTO」の魅力をご紹介いたしました。

私自身の感想をまとめたインタビュー動画もありますので、よろしければ参考にしてみてください。

気になった方はぜひ下記、Makuakeのページもご覧ください♪